• I

データビューア | [式の編集] ダイアログボックスの改善

new!!

>機能説明

開発者向けの機能が搭載された FileMaker Pro Advanced。

バージョン16 ではデータビューアの [式の編集] ダイアログボックスに機能改善がありました。

バージョン15 では「今すぐ評価する」ボタンを押して手動で計算式を評価する必要がありましたが、バージョン16 では 計算式を入力しながら「自動的に評価する」ことができる ようになりました。

・FileMaker Pro 16 Advanced

また、計算式を入力する際の入力補助機能も実装されています。(部分一致)

結果領域のサイズは、「式(E):」ボックスと下部「結果(R):」ボックスの間の境界線をドラッグ&ドロップすることで変更することができます。

(下図はFileMaker Pro 15 Advancedでの表示)

>ちなみに…

データベース自体が大きなものや、リレーション先のテーブルにあるフィールドを式に使用すると、自動での評価に長い時間がかかる場合があります。

この場合、[式の編集] ダイアログボックスで「自動的に評価する」チェックを外し、[評価] ボタンをクリックして手動で結果を評価してください。

「自動的に評価する」チェックを外すことで今まで通り手動での評価に切り替わります。[評価] ボタンを押すと、そのタイミングで計算式が評価されます。

※この記事はシリーズです まとめページはこちら

223回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示