FileMaker Pro から直接カメラを起動して保存するWindowsアプリ

そんな問題を解決するカメラアプリ

Windows環境のFileMaker Proで写真を簡単に取り込みたい!

でも、写真撮ってファイル挿入という手順がめんどう・・・

せっかく会社にSurfaceがあるので活かしたい

○概要

WindowsPC(デスクトップ/ノート/タブレット)に内蔵しているWebカメラや、後付けのWebカメラを起動させ、FileMaker Pro のオブジェクトフィールドへ保存することが出来ます。

 

○用途

タブレットPCを使用しての現地調査システムや、デスクトップPCでの会員証発行システムの写真撮影等に使うことが出来ます。

 

○ライセンス

ライセンスは永続的でデバイス単位ですので、FileMaker Pro のパッケージ版と組み合わせれば端末の使い回しでの使用も可能で、同時接続ライセンスを使うより低コストで実現できます。

現地調査は外部の会社が行うケースに低コストに対応できるでしょう。

○実装方法

撮影終了時にFMPプロトコルで呼び出されるスクリプト

撮影

アプリ起動スクリプト

FMPプロトコルを引数として渡す

※会員管理システムに写真を登録している例

株式会社未来Switch

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館1001

TEL : 06 - 6809 - 3297  FAX : 06 - 7635 - 8635 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

2016 Copyright © MiraiSwitch Inc. All Rights Reserved.