• sago

ショートカット.appからFileMaker Go のスクリプトを実行

当社のブログでも何回か紹介しているiOSの「ショートカット」アプリからFileMaker Go 19 のスクリプトを実行できるようになりました。何が出来るかというと、iPhoneのSiriという機能がありますよね。「Hey Siri 今日の天気は?」「Hey Siri 3分測って」と喋りかけると天気予報を教えてくれたり3分タイマーを起動してくれる機能。そこに登録できるようになりました。例えば「FileMakerで打刻して」と言うとFileMaker Go 19 が起動して出社時間を打刻するようなことが出来ます。



  1. スクリプトにショートカットに登録出来る権限を付与

  2. アクセス権セットで「URLによるFileMaker スクリプトの実行を許可」にチェック

  3. 一度FileMaker Go 19 で該当のファイルを開く

  4. ショートカットアプリでファイルとスクリプトを選択する

1.スクリプトにショートカットに登録出来る権限を付与

2.アクセス権セットで「URLによるFileMaker スクリプトの実行を許可」にチェック


3.一度FileMaker Go 19 で該当のファイルを開く

忘れがちなので、必ず開きましょう。


4.ショートカットアプリでファイルとスクリプトを選択する

選択に出てこなければ1〜3のどれかを忘れています。

ファイルを指定
ファイルを指定

スクリプトを指定
スクリプトを指定


今回のサンプルファイルについて

今回のサンプルでは音声入力した内容をテキスト化し、英語に翻訳したテキストを引数としてFileMaker Go 19 に渡す様に作りました。ショートカットを使うとFileMaker Go 単独では出来ないことを扱えるようになります。


ショートカット内容
ショートカット内容

まとめ

この新機能ですが、使わなくても良い新機能でもあります。 確かに難しい設定無しに解りやすいのですが、FileMaker Go 18 迄でも、URLスキームを使えば実現可能ですし、2,3の手順が不要です。4での設定だけ複雑になりますが、利用する端末が多いと新機能を使った場合は1台1台設定が必要なので、作業が大変になります。


閲覧数:1,408回0件のコメント

最新記事

すべて表示