• 350

GetSensor関数を利用した万歩計

GetSensor関数を使って簡単な万歩計アプリを作りました。

サンプルファイルはページの一番最後にあります。

FM万歩計 縦

歩数には「stepCount」という引数を使います。

この引数で、指定秒数前からの歩数を取得します。

GetSensor ( "stepCount" ; 60 )

とすると、60秒(=1分)前からの歩数を取得することが出来ます。

ここからが少しややこしいのですが、昨日一日分の歩数を取りたい場合は昨日の0時からの歩数と、今日の0時から歩数の引き算をして出さなければなりません。

GetSensor関数のstepCount引数

この計算で1日毎の歩数と上がった階数を出しています。

また、オマケですが充電中の状態も表示しています。

GetSensor関数の引数「batteryLevel」を繰り返しフィールドと条件付き書式で、引数「batteryStatus」を雷のアイコンで表現しています。

FM万歩計 横

【注意】GetSensor関数取得できる歩数カテゴリの情報は過去7日間分だけしか遡って保存できません。これはiOSのCMPedometerというAPIを使って実現しているのが理由です。

サンプルファイルは下記からダウンロードできます。

ダウンロード

 

※この記事はシリーズです まとめページはこちら

閲覧数:629回0件のコメント

最新記事

すべて表示