• I

追加された機能 | デフォルトフィールド

今回のバージョンから、テーブルを新たに作成すると、自動的にフィールドが作成されるようになりました。

まず、[データベースの管理] ダイアログ上でテーブルを新規作成します。

すると、データベースに必要な初期フィールドが自動的に作成されます。

新規テーブル作成時に毎回初期フィールドをセットしようとすると、ちょっと手間…

その手間が軽減されるかも?ということで、とても便利な機能です!

 

>作成されるフィールド

では、デフォルトで作成されるフィールドについて基本情報を記載します。

・主キー

データベースに必須!データに対して一意の値を保存します。

・作成情報タイムスタンプ

データを作成したときにタイムスタンプ(2018/05/16 09:00:00)情報を保存します。

・作成者

データを作成したときにアカウント名(FileMakerの [セキュリティ] に設定されている権限 = ファイルを開いているユーザの権限:初期設定では「Admin」)情報を保存します。

・修正情報タイムスタンプ

データを編集し保存したときにタイムスタンプ情報を保存します。

・修正者

データを編集し保存したときにアカウント名情報を保存します。

 

>ちなみに…

なお、開発者など "マイ初期フィールド" があると、これらのフィールドを自動的に作成させたくない場合もあると思います。

そして、実は編集することもできます。

別記事にてご紹介しますので、そちらも合わせて参考にしてください!

デフォルトフィールドを出さない方法

デフォルトフィールド編集ツール

 

※この記事はシリーズです まとめページはこちら

閲覧数:234回0件のコメント

最新記事

すべて表示