Claris Connect (クラリスコネクト)発売

Claris Connect が発売されました。

クラリス社の新しいサービスです。

どういうサービスかと言うと、IFTTTMicrosoft Power Automate (以前の Microsoft Flow) やZapierの様なサービスと言えば解りやすいかと思います。


例えば、Gmailで受信したメールの中で、件名に【受注】が入っているメールだけをGoogleスプレッドシートに記録し、Slackへ通知する。ということが出来ます。Claris Connect は、Googleスプレッドシートではなく、FileMaker へ記録させることが出来るようになりました。


Claris Connect が他と異なるのが、クラウドのサービスだけでなく、オンプレミスのFileMaker Serverへも対応している点です。


Claris Connectの価格

Essentials (ライト プラン)

稼働フロー上限数 3

API リクエスト 月間 10,000

接続可能 App 上限数 3

¥121,920 税抜/年間


Standard (スタンダード プラン)

稼働フロー上限数 6

接続可能 App 上限数 制限なし

API リクエスト 月間 50,000

¥306,600 税抜/年間


設定画面(どんな感じか?)

他のサービスと同じ様な画面なので、解りやすいです。

最初の起点を選択して、その後どこへデータを持っていくかを選択します。その中にFileMakerがあります。


設定はブラウザで行い、今のところ、画面のUIは英語です。


テンプレートも用意されていますが、4つだけです。



実際に作ってみました

ChatWorkに書き込まれると、同じ内容をSlackへ通知

ChatWorkにClaris Connect のWebhook URLを設定して、Slackのアカウントと紐付けてメッセージの内容を選択します。


ここで交わした約束は忘れません。


ChatWorkでメッセージを送ると・・・・・

Slackへも通知が来ます。



Trelloに書き込んだ住所をジオコーディングしてSlackへ通知

3ステップ使いました。

ジオコーディングにはGoogle Maps APIを使っているので、APIキーを入れる必要があります。200ドル分は無料で使えます。その辺の説明はこちらで。

Trelloというタスク管理のソフトに住所を入れると・・・

住所がジオコーディングされてSlackへ通知されました。


この辺の設定なんですが、1度Trelloを動かすとJSONを拾ってきて簡単にパラメータを設定することが出来ます。


基本的にプログラムすることなく使えますが、それぞれのサービスについて知る必要はあります。また、まだ日本では馴染みのないサービスが多いので、コネクト出来るサービスが増えるといいですね。


どうビジネスに使うか?

今回のサンプルはおそらく他のサービスでも同じことが出来ます。

では、Claris Connectの価値はどこにあるかと言うと、やはりFileMaker プラットフォームと繋げやすいことです。例えば、アンケートフォームをWebDirectで作ることは簡単ですが、ライセンスの点で大きな負担になるでしょう。そこをTypeformというサービスを使うことで、簡単に安定したシステムを作ることが出来ます。そこをClaris Connect で繋げることでFileMaker プラットフォームに簡単に取り込むことが出来ます。


FileMakerのと連動は今後このブログで解説予定です。





余談ですが、Googleで「Claris Connect」で検索するとクラリス社のClaris Connectではなく、ClariSという音楽ユニットのコネクトという曲が表示されます。それはそれで良い曲ですし、その曲をオープニングテーマとしている『魔法少女まどか☆マギカ』も面白いのでオススメです。

株式会社未来Switch

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館1001

TEL : 06 - 6809 - 3297  FAX : 06 - 7635 - 8635 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

2016 Copyright © MiraiSwitch Inc. All Rights Reserved.