30分で学ぶ「顧客データの名寄せ」


顧客データの中から重複しているものを削除したい場合、全角/半角など入力が統一されていないものがあると、何をもって同じデータか判断しにくい場合があります。重複しているものを探すためには表記を統一させたり、不完全なデータを削除する必要もあるでしょう。それらデータクレンジングが終わった後に、同じデータと判断できる項目を利用して名寄せ作業が可能となります。また、入力のゆらぎが起きないようなシステム作りも解説します。

日時:2016年2月26日(金)12:15-12:45

講師:株式会社 未来Switch 佐合 紀和

閲覧数:352回0件のコメント

最新記事

すべて表示