「SVGを使って高度なレイアウトをFileMakerで実現するテクニック!」


FileMaker Pro 14のボタンのフォーマットにも採用されているSVG(Scalable Vector Graphics)という画像フォーマットを活用する方法を解説します。SVG画像フォーマットを利用することでFileMaker Pro標準のレイアウト機能では実現できない表現や、動的なレイアウトを実現することが可能となります。例えば、FileMaker Proでは表現できないグラフや地図へのチェック等が可能となります。FileMaker GoやFileMaker WebDirectでも動作します。

日時: 2016年3月31日(木) 12:00-13:00  講師:株式会社 未来Switch 佐合 紀和 氏

閲覧数:665回0件のコメント

最新記事

すべて表示