FM!なんでも鑑定団 IN 梅田


FM!なんでも鑑定団IN梅田

梅田での鑑定依頼は3件でした。

  • 開発2ヶ月目の方

  • ランタイムでパッケージを販売している方

  • 開発されている方


3件ともにアンカーブイモデルで、整理されたリレーションを作成されていました。

開発2ヶ月目の方も正しくリレーションを作っていたので理由を聞くと、FileMaker Master Training に2回も参加して勉強しているとのことでした。

名前は失念されていましたが、ヒゲの方に習ったと。


物品の使用管理の設計を説明

今回の話題

  • イベント管理システム

  • データのコミットのタイミング

  • 確定ボタンを押すまで保存させない作り

  • WindowsとMacのフォントに対応した特殊な帳票レイアウトの管理手法

  • 分離モデルについて


データのコミットの話はFileMaker カンファレンス 2019 で当社の片岡がセッションを担当します。

2019年11月7日(木)17:10 - 18:00 G-17

現場で求められるデータコミットの問題解消テクニック

株式会社未来Switch 代表取締役社長 片岡 達博 氏


「間違って書き換えてしまった…」「Undoって効かないの?」

現場のお客様からよく聞かれる「入力=即データ反映」の” 困った “を解消する様々な手法と、より堅牢性を高めるEditモードの作り方をご紹介します。


このセッションで学べること

  • FileMaker プラットフォーム の入力規則の基本

  • これまでのバージョンで利用されてきた編集に関するTips

  • トリガを使ったEdtit画面の作成

  • 関連レコードのロールバックの仕組み

  • 医療現場で実際に使っているコミットコントロールの仕組みとその実装事例

こんな方におすすめ

  • 医療系のデータ管理を担当される情報システム部門の担当者様(SE)。

  • 他のDBやアプリ開発経験があり、これから FileMaker カスタム App を開発されようとする方。

次回は神戸で開催予定です。

申込みはこちらから

https://fm-nandemo-in-kobe.peatix.com/



159回の閲覧

株式会社未来Switch

〒530-0041 大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館1001

TEL : 06 - 6809 - 3297  FAX : 06 - 7635 - 8635 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

2016 Copyright © MiraiSwitch Inc. All Rights Reserved.